会社概要

ツヴァイの人権基本方針

この基本方針は、ツヴァイが人間は生まれながらにして自由で平等であることを常に認識し、個人の基本的人権を尊重するための指針です。

1.人権規範の尊重

企業には人権の精神を尊重、涵養する責任があり、人権尊重を規定した国内的および国際的な様々な行動規範を遵守する必要があります。
ツヴァイは、「国連グローバル・コンパクト」(※1)の原則に沿って人権に関する国内法はもとより国際人権章典(※2)に記された人権規範を遵守します。

(※1)「国連グローバル・コンパクト」とは、各企業・団体が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するための世界的な枠組み作りに、参加する自発的な取り組みです。
(※2)国際人権章典とは、国連総会で採択された世界人権宣言と国際人権規約の総称です。

2.差別の禁止

憲法上、すべての人には人間らしく生きる権利があり、侵すことのできない「基本的人権」が認められています。企業は、その事業活動において人々の基本的人権を尊重しなければなりません。
ツヴァイは、人種、国籍、民族、性別、年齢、出身、宗教、信条、学歴、心身の障がいなどその他不当な差別を禁止します。

3.人権啓発の取り組み

企業において、人権尊重の精神を定着させるためには、その社会的使命を明確にし、組織内に方針を浸透させて行く必要があります。
ツヴァイは、ツヴァイの一人ひとりが人権に関する正しい知識と理解を深めるため一層の努力をします。

PAGE TOP